調の関係

調同士の関係にも、近いものとそうでないものがあります。
関係の近い調を「関係調(related key)」とか「近親調」と呼びます。
関係調には、「平行調(relative key)」、「同主調(parallel key)」、「属調(dominant key)」、「下属調(subdominant key)」があります。

parallel keyが平行調じゃないって、ややこしいですね。

平行調

平行調とは、CメジャーキーとAマイナーキーのように、調号が同じ(シャープやフラットの位置が同じ)調のことです。

使える音(ダイアトニックスケール)、使えるコード(ダイアトニックコード)が同じなので、かなり関係の近い調であり、平行調同士の転調はかなり頻繁に行われます。

そもそも、ある曲のある部分がCメジャーキーであるのかAマイナーキーであるのか、判断できないような場合も多くあります。構成音がほとんど同じなので、「どちらとも取れる」ということがよくあるのです。
なので、このサイトでは、「平行調への転調」はもはや転調として扱わないことにしています。

ただし、後述の「同主調」と組み合わせた、「同主調の平行調への転調」や「平行調の同主調への転調」は転調として扱うので、平行調という概念は覚えておきましょう。

同主調

主音が同じ調のことです。つまり、メジャーキーの同主調はマイナーキーであり、マイナーキーの同主調はメジャーキーとなります。

例えばCメジャーキーの同主調はCマイナーキー、といった感じです。
同主調への転調は、ポップスにおいてかなり頻繁に使われます。

属調、下属調

属調とは、もとの調(主調)に対して、主音が5度上の調のことです。調号でみると、#が1つ増えるか♭が1つ減ります。
下属調とは、もとの調(主調)に対して、主音が5度下の調のことです。調号でみると、♭が1つ増えるか、#が1つ減ります。

例えば、Gメジャーキー(ファが#)の属調はDメジャーキー(ファとドが#)で、Dメジャーキーの下属調はGメジャーキー、といった感じです。

調号が1つしか変わらないので、雰囲気の似た調となります。そのため、スムーズに転調しやすく、属調や下属調への転調は頻繁に行われます。

5度圏

5度圏

5度圏

これは5度圏(circle fifth, cycle fifth)と呼ばれる図で、12のメジャーキーと12のマイナーキーを規則的に並べたものです。

時計回りに1つ進むと属調となり、反時計回りに1つ進むと下属調となります。
また、外側がメジャーキー(長調)、内側がマイナーキー(短調)となり、平行調が内側と外側に隣接するようになっています。
同主調は、90度の位置関係にあります。

このように、調と調の相対的関係を位置関係で把握できる、便利な図なのです。別に使うことはないかも知れませんが、存在は知っておきましょう。

トップに戻る