コード

「コード」は日本語では「和音」と呼ばれ、2つ以上の異なる高さの音が組み合わさったもののことです。
「ドミソ」のように3種類の音が組み合わさった和音を「3和音(トライアド,triad)」といい、「ソシレファ」のように4種類の音が組み合わさった和音を「4和音(テトラッド,tetrad)」と言います。

よく使われる基本的なコードを紹介します。

メジャーコード、マイナーコード(3和音)

すごくざっくり紹介すると、「ドミソ」のように明るい響きのコードを「メジャーコード」と呼び、「ラドミ」のように悲しい響きのコードを「マイナーコード」と呼びます。

ちゃんとした定義を説明すると次のようになります。

メジャーコード…根音(ルート)と、根音(ルート)から長3度上の音と、根音(ルート)から完全5度上の音を組み合わせたコードのこと。

マイナーコード…根音(ルート)と、根音(ルート)から短3度上の音と、根音(ルート)から完全5度上の音を組み合わせたコードのこと。

根音(ルート)というのは任意の音で、「長3度」とか「完全5度」という表現は音と音の距離を表します。つまり、ある決まった距離にある組み合わせたコードを「メジャーコード」や「マイナーコード」と呼ぶわけです。

例えば、「ド」をルートとするメジャーコードは、ドと、ドから長3度上のミと、ドから完全5度上のソを組み合わせた「ドミソ」というコードで、通常は「C」とか「Cmaj」等と表現し、「シー」とか「シーメジャー」と呼びます。

また、「ド」をルートとするマイナーコードは、ドと、ドから短3度上のミ♭と、ドから完全5度上のソを組み合わせた「ドミソ」というコードで、通常は「Cm」とか「C-」と表現し、「シーマイナー」と呼びます。

コードの構成要素

コードを構成する要素としては、「根音(ルート)」、「構成音」、「ヴォイシング」があります。
「根音(ルート)」とは、コードの一番低い音のこと。
「構成音」はコードを構成する音の組み合わせのことで、順不同です。

例えば、Cメジャーというコードは、ルートがドであり、構成音が「ドミソ」であるコードのことですが、構成音の順番は問いません。
つまり、「ドミソ」のミとソの順番がなんであれ、どのオクターブであれ、一番低い音がドで、ドとミとソで構成されていればCメジャーなのです。

Cメジャーコードの鳴らし方には、「ドミソ」だったり、「ドソミ」、「ドミソド」、「ドミソドミソド」等いろいろあります。この鳴らし方のことを、「ヴォイシング」と呼びます。

ヴォイシングは、コードの名前とは関係ありませんが、演奏やアレンジをするときにとても重要なポイントになるので、言葉としては覚えておくと良いでしょう。

トップに戻る